おきらく主婦のDaily Life

アクセスカウンタ

zoom RSS カテーテルアブレーション

<<   作成日時 : 2017/06/20 10:29  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

主人がカテーテルアブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)を受けました。

2003年に弁置換の手術を受けています。

術前も術後も運動・仕事も変わりなくしていて

言わなければ心臓の手術をした人だなんて誰も思わない

服用している薬で多少の制限は有るものの

特に何の不便も有りませんでした。

主治医(執刀医)からは「いずれペースメーカー入れる事になるよ」と言われていました。

元々心房細動が有ったのと除脈と頻脈を繰り返していて(その割に元気に過ごしていたけど)

今年に入って体調不良が続き

ある日、会社まで行って具合が悪くなり、主治医に連絡しそのまま病院へ行ったら

紹介状書くからと言われ、アブレーションを受けることに

紹介して頂いた先生は、カテーテルアブレーションの第一人者と言われているT先生

丁寧に説明して頂き、即入院の予約を

6/14入院・6/15手術・6/17退院予定だったのですが

諸事情で6/14入院当日の午後に手術となりました


6/14 11時前に入院受付へ

タオルセットとパジャマはレンタルをお願いしたので荷物も少なく楽々

循環器内科の病棟へ行き、病室へ案内される前に体重・身長を測り

病室へ入ってから、タオルとパジャマを貰い着替え

午後から手術なので術前検査で忙しい

血液検査・心電図・レントゲン・経食道心エコー検査

16時15分からカテーテルアブレーション開始

4時間くらいで終わる人が多いらしいが、主人は5時間超えて

終わったと連絡が来たのが21時30分頃でした。

先生の第一声「大変でした」と・・・・・

説明を聞いて、その大変さが素人の私にもよく分かりました。

厄介な心房細動だったんだなと

先生方には感謝しか有りません。

これで終われば良いのですが、また出てくる可能性も有りで

その時はまたアブレーション受けることになるかな?と

通常なら17日までには退院するはずが

主人の場合、色々有って週末まで様子見って事で19日退院となり

昨日、退院しました。

ただ、心房細動が治まると除脈になる主人

脈が数秒止まったりするで、このままだと車の運転はしちゃダメと言われ

やっぱりペースメーカー入れた方が良いねと

ペースメーカー入れたら運転もOKだからと

アブレーションは火傷状態なので、それが治まる1〜2週間後くらいが良いらしく

今月末に再び入院してペースメーカー埋込術を受けることになりました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カテーテルアブレーション おきらく主婦のDaily Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる